ステイサムが戦うマフィア

主人公のルーク・ライトが戦うロシアン・マフィアとチャイニーズ・マフィアですが、映画の中にしばしばロシアン・マフィアが登場します。そのロシアン・マフィアとはどのような組織なのでしょう?!

Русская Мафия,ルスカーヤ・マフィーヤ

こちらがロシアン・マフィアのロシア語での呼び名です。ロシアだけではなく、グルジア・アルメニア・アゼルバイジャンなどのロシアの近隣諸国のマフィアもロシア国内に存在しているので、これらも含めてロシアンマフィアと言われることがあります。

ロシアンマフィアがいつ頃から活動しているかに関しては、ソビエト連邦末期の混乱期から活発化したと言われていますが、多民族国家を反映してロシア系、チェチェン系などもあるので決して統一されているわけではありません。ただ、単にロシア国内の犯罪組織をロシアン・マフィアと総称で呼んでいるのが現状です。いっぽう犯罪者とまではいきませんが、共産党政権崩壊後に国有財産の払い下げを受けて財閥に成長した寡頭資本家層(オリガルヒ)もマフィアと呼ばれていることもあり、どこまでがロシアン・マフィアなのか?!とその定義は確立されていません。

ロシア内務省の報告によりますと、組織の数は5600以上にも及んでいて、構成員の数は10万人以上といわれています。しかも今やロシアGNPの40%を、こうした犯罪組織が稼いでいるとも言われています。CIA(アメリカ中央情報局)などの調べによりますと、ロシア国外では現在、約200もの組織が南北アメリカやイスラエル、東ヨーロッパおよび中央ヨーロッパを中心として全世界58カ国で活動している模様です。

元々は闇市場のブローカーからスタートして、だんだんと手を広げたロシアンマフィアの主な活動は、小規模な組織なら恐喝、売春などを主に行っています。逆に大規模な組織のロシアン・マフィアは国営企業や民間企業の乗っ取り、薬物売買、マネーロンダリング、武器の密輸などを行っています。 ロシア国内においての組織は、中部地方、シベリア地方、ウラル地方、南部地方で組織の数が多いといわれています。

マフィアかっこいいよマフィア
しかしただ作ればいいというものでもないのがランディングページの難しいところ。 ウェブザスではランディングページ 効果的な利用方法を用いながら制作しております。 制作を考えていた方はまずは奮ってご相談下さい。

ロシアン・マフィア起源

ロシアンマフィアの起源ですが、15世紀から16世紀頃に現れた反政府武装集団、もしくは奴隷制時代の農奴であるともいわれていますし、またロシア帝国時代の囚人ではないかとも言われています。どれが起源なのかは、未だに、はっきりとは判明していません。彼らのようなロシアン・マフィア犯罪集団は、旧ソ連時代の社会主義体制下を生き抜いて、ペレストロイカによって、ブラックマーケットから自由市場経済の世界へと伸し上がって来ました。1994年におけるロシア内務省の報告によりますと、ソビエト連邦期の犯罪組織の総数は800ほどでしたが、これがゴルバチョフ政権下にあって5700ほどにまで増加しました。更には1996年には8000を数えるまでに増加しています。それら各組織の人員規模はそれぞれ50名から1000名ほどとなっています。

国際的に展開

2009年におけるイタリアの検事報告によると、ロシア国外に活動するロシアンマフィアの人員総数を30万以上と見積もられています。南ドイツ新聞の報告によれば、ヨーロッパに活動するロシアンマフィアの人員総数はおよそ16万と見積もられているため、イタリア系の7万を超える最大勢力となっています。中でも初の進出国かつ最大の『受け入れ国』と言われいるのはポーランドです。このポーランドでは、2万名以上が活動しているものと見られています。イタリアにおいてはコーサ・ノストラと提携したうえで、農林関係産業と船舶業者を事実上の完全支配下に置いていて、スペインにおいては違法薬物ならびに違法銃器市場の9割を掌握していると見られています。

アメリカ大陸ではどうでしょうか。南アメリカから北アメリカへの潜水艦を用いての違法薬物の密輸や、マリアナ諸島やグアムを用いてのマネーロンダリング(資金洗浄)への着手などが確認されています。メキシコのいわゆる麻薬王たちが、アメリカへの麻薬輸出から売り上げた利益のうちの3割はロシアンマフィアを通して洗浄されているといいます。 南米コロンビアの左翼ゲリラ・FARC(コロンビア革命軍)に武器を供給する代わりに、同ゲリラから麻薬を仕入れていると見られています。そしてコロンビアからヨーロッパへのコカイン流通の3割以上を掌握しているといわれています。

極東のウラジオストックは外国マフィアとの窓口になっています。北東アジア諸国を相手に武器と麻薬を密輸しています。サハリン州ではおよそ13の大規模な組織が活動しているので、日本の水産関係者とのトラブルが確認されてきたほかにも、日本のヤクザと連携しているともいわれています。ロシアン・マフィアの日本における活動の拠点は北海道です。盗難車の密輸出や、大麻・アヘンなどの違法薬物の密輸入、銃器の密輸入、オホーツク海で密漁したカニの密輸入などに着手してきたといいます。 盗難車の密輸出に関しては、小樽港や石巻港、新潟港などを経由してこれらのことを行ってきたという当事者による証言からも事実行なわれています。 北海道警察本部はロシアンマフィア対策を最重要課題としています。

著名なロシアン・マフィア

セミオン・モギレヴィッチ・・・ ウクライナを拠点として1990年代までに東欧地域最大の犯罪組織を築いた”ロシアンマフィア”の首領として知られる人物です。米国連邦捜査局が選定するFBI10大最重要指名手配にその名を連ねていて、FBIから「世界で最も危険なギャング」とも呼ばれています。

ヴャチェスラーフ・イヴァニコーフ ・・・仲間内からヴォール・フ・ザコーネ(規律ある泥棒、вор в законе)と尊称されています。

映画に描かれるロシアンマフィア

イースタン・プロミス・・・2007年のイギリス・カナダ・アメリカ合作の映画で、ロンドンを舞台にロシアンマフィアが関わる人身売買をテーマにした映画です。

マキシム・リスク・・・1996年のジャン=クロード・ヴァン・ダム主演のアメリカのアクション映画で、出生の秘密を探るため主役のジャン=クロード・ヴァン・ダムが弟を殺したマフィアと闘う映画です。

007ゴールデンアイ・・・1995年に公開された007シリーズで、007をピアース・ブロスナンが初めて演じた第17作です。冷戦後が舞台で、サンクトペテロブルクを舞台にボンドがロシアンマフィアと闘います。

おすすめハードボイルド作品

他のメディアに登場作品

ゲーム

  • グランド・セフト・オートシリーズ・・・全世界で売上1億2500万本の大ヒットの犯罪ゲーム
  • マーセナリーズ・・・プレステ2とXbox対応のサードパーソン・シューティングゲーム

漫画

  • ブラック・ラグーン・・・掲載誌月刊サンデージェネックス
  • アーサーGARAGE・・・掲載誌週刊ヤングマガジン
  • ゴルゴ13・・・掲載誌ビックコミック